スエさんのまこちよか旅


まこち よか旅
Since 2002.12.10
 ※メニューは下の方にあります
※※※文字サイズは「中」でどうぞ※※※

ようこそ私のホームページへ

コンテンツ/
下の画像をクリックしてください。

(最新~3番まで、更新マークをつけています)

好きです!ニッポンぶらり旅 
画像をクリック!  
 
旅へのおもい 


 北の大地編
(北海道)
  


みちのく編
(東北)


  
 

江戸・むさし野編
(東京都内)
 
関八州編
(関東地方)  

日本海編
(北陸・越後) 

富士・アルプス編
(東海・甲信地方)

三都・みずうみ編
(北近畿)


まほろば編
(大和・南紀地方) 

西国・しまなみ編
(山陰・山陽・瀬戸内)
 お遍路編
(四国)

筑紫編
(九州六県)


 
ウチナー編

(沖縄本島・八重山)





 
とつくに編

(海外:今のところ
台湾だけです)
 
 
ひむか編
我がふるさと
みやざき
(日本のひなた宮崎県)
 
         


寄りみち旅(道楽のあれこれ) 
画像をクリック!
  

ギターを抱いた
アホウ鳥





 

こころの中の旅
 
 
(エッセイ風の駄文)
旅先のつぶやき
(ポエム風の
つぶやき)



夢の中の旅
(荒唐無稽の
夢のはなし)



 
 旅めしアラカルト
(旅先のグルメ)





 でんけん紀行
(「伝統的建造物群」
の旅)




旅のアレコレ




茜(あかね)の空
(旅先の夕暮れ)
 
  碑(いしぶみ)の旅
(各地の歌碑めぐり)





 

   
   


? 近    況  

  


○老舗の百貨店の底力
   デパートの大手「伊勢丹」の通販サイト「ISETAN DOOR」で、面白い企画を見つけて申し込みました。
 お試し商品として、伊勢丹新宿店で人気の高い商品10品目(約4500円相当)を何と1980円、しかも送料
 無料で送ってくれるというものでした。そして今夜、、ご覧の様な納豆、ビビンバ、パウムクーヘン、プリン、
 揚げかまぼこ、牛肉、ひじき、卵、ミニトマト、山芋のとろろという10品目がクール宅急便で届きました。

  伊勢丹などの老舗デパートには、もともと超一流の目利きができるバイヤーがいるはずです。
 彼らが厳選した一流品だけを通販で送ってくれるというのは、我々リタイヤした世代にはありがたいことだと
 思います。いま、百貨店業界は、コンビニ、スーパー、ディスカウントショップそして様々な通販サイトなどに
 押されて大変な苦戦を強いられていると聞きます。“老舗デパートの逆襲”が始まってるのかもしれません。
 妻は、さっそく会員になろうと言ってます。(01.09.16)

 



○延岡でほろ酔い・・・
  延岡在住の高校時代の友人の世話で、夕方から電車で延岡に出向き、ほろ酔いのいい気持に
 なって、午前様寸前に帰ってきました。今朝はやや二日酔い気味です。
  彼らとの飲み会は、話題がいつもバラエティに富んでて、政治、経済、歴史といった固いものから、
 家族、健康問題、認知症(親、自分自身)など切実なもの、果ては若いころの恋愛談義、下ネタ、
 オヤジギャグ等々のしょうもないものまで、何でもありですが・・・・・一夜明けたら何も覚えてません。
 この、たわいのなさがいいんでしょうね。(01.09.08)
  



○迎賓館・・・
  孫の顔を見に大阪に行ったついでに、京都の迎賓館の見学をしてきました。国賓をもてなす場所として
 東京と京都の2か所に設けられた迎賓館が、最近一般公開されるようになりました。とはいっても
 さすがにセキュリティが厳しくて、予約段階から細々した規則の提示があり、入場前は空港と同じような
 金属探知機を用いた手荷物検査がありました。
  それでも当代の名工たちが精魂込めた建築、壁画、調度品は言葉にできない素晴らしさであり、
 感動しました。追って北近畿編にUpしたいと思います。(01.09.07)
 

 



○池上線(カバー)
 最近のよか旅は、カバー曲の話ばかりで恐縮です。この暑さでぶらり旅もしばし休業状態です。
西島三重子さんの懐かしい「池上線」を「あほう鳥」コーナーにUpしました。
 いま検索してみると、昭和51年4月のリリースなんですね。私が何とか大学を卒業して宮崎で就職
した年です。物悲しいイントロが妙に心に残っています。東京に出張したときに池上線に乗る
機会がありました。この歌のとおり、古びた駅の間をと古びた電車が走ってましたが、恋人同士の
切ない別れにはピッタリなんでしょうね。
 コンビニやゲームセンターもなく、確かに「かどのフルーツショップだけがあかり灯す夜更け」の
場所が多かったように思います。(01.08.22)

 



○シクラメンのかほり(カバー)
 ここ数日、南九州では大雨が続いていて心配です。
 大学時代に流行った小椋佳さんの名曲を歌ってみました。真綿色、薄紅色、薄紫・・・様々な色彩で
 はかなげな女性への恋心をしっとりと描いた小椋さんらしい曲だと思います。ちなみに、シクラメンには
 香りがないだとか、あまりいい香りじゃないといった無粋な話もありますが・・・よかったら、「あほう鳥」の
 コーナーものぞいてみてください。(01.07.01)

 



○訃報
  きょう、仕事を終えて帰ってきたら、自宅の西のほうの空が、みごとな茜色に染まっていて、思わず
 スマホで撮ってました。暮れゆく茜の空をしばし眺めてて、ふと昨日のお葬式のことを考えてました。

  70歳で他界した母方の従兄は、小さいころから私の兄貴分みたいな存在で、物心ついたころから
 よく一緒に遊んでました。建築畑に進み、一級建築士の資格をとり、日向市に設計事務所を構えて
 永年頑張ってきました。そんな彼から予後の厳しい病気で手術を受けることになったと聞かされたのは
 2年くらい前でした。以後の闘病生活は、抗がん剤の副作用や腹水など、つらい日々だったと思います。

  1年前、宮崎市に治療にきて我が家に寄ってくれた彼に、私と妻は、あることがらについて専門家としての
 意見を求めたところ、改めてその一週間後に来てくれて丸一日現場で親身になって調べてくれました。
 関係先にも連絡を取ってれて、適切なアドバイスをもらいました。かなり病状が進んでる中での優しさを、
 いま思い出すだけで、涙が出ます。積極的な治療をやめて、緩和ケアに移ったと彼から電話をもらったのは
 今年の初めでした。

  亡くなる2週間前、病院に見舞いました。約1時間、むかし話、仕事の話・・・いろいろなことを語りました。
 「腹水が抜けなくなった、いま仕事の始末をつけている。6月以降の仕事は取らんように指示している」と
 言ってました。病室を出るとき、彼の手をしっかり握って別れました。これが彼との今生の別れと思い、
 こみあげそうになるのを必死に我慢しました・・・訃報を聞き、通夜と葬儀に参列しました。仕事の段取りを
 つけて静かに逝ったと聞かされました。(01.05.28)
 

      ※過去の記事は、ここにあります。

?  

近況アーカイブス・・・・・
これまでUPした「近況」を収めた
ブログ形式の小部屋です 
よかったらクリックを!)

旅先の
天気は?

-天気予報コム- -FC2-

このサイトの管理人は、「スエさん」です


「日本のひなた」わがふるさと宮崎のロゴです