<カオハガン>

30代の最後を過ごした、小さな島の思い出。

何もなくて豊かな島
何もしないという選択
すでに与えられているもの
心はいつもカオハガン
世界一の書斎
ちょっとミーハーに
木陰で昼寝
旅に出る意味
窓を開けたら海
こんな素敵な一日
最高の瞑想
夕方の日課
夕焼け
ドラム缶風呂
崎山さん
星空まで

もどる