由布市狭間町高崎山にある「おさるの湯」高崎山=サルということで名付けたかと思いますが、サルが住んでい

る(大分市の)高崎山からは微妙に離れています
。場所は大分ICの近くに看板や「のぼり」があるので、それに従っ

ていけばよいのです。よいハズです。しかし、「おさるの湯」自体は山中(高台)にあり、ワタクシの古いナビでは、しき

りになぜかUターンを指示します。まぁ、「
なぜか」と書きましたが、理由は「古くて道路情報が更新されていないか

ら」というのは明白です
。(訪問時は)沿道の草木も「ボーボー」でしたので、訪問の際には注意してください。




            「おさるの湯」・入口より


           → ちょっとした「城」です。



 施設は、少々の驚きが隠せない程度の石垣の上にあります。駐車場には、「ヤギとウサギ」の餌が販売していました。

「ここはやはりサルなのでは」と心の中でツッコミをして、いざ受付へ。




             ヤギとうさぎの「おやつ」


          → 
見えづらいですが100円也。




 営業時間について、露天風呂は6:00〜23:00(サウナ風呂7:00〜、家族風呂8:00〜)、泉質はアルカ

リ性単純温泉で、泉温は58.6℃(使用位置4
4.5℃)となっています。入浴料は露天風呂のみが300円、別室で

サウナ+内風呂(テラスはある)が500円となっています(別に家族風呂あり)。




             「おさるの湯」・露天風呂


           
 → 色・臭いはモール泉




 今回は露天風呂に入浴します。お湯はいわゆるひとつの「モール泉」なのでしょうか? コーヒー色で独特な味がしま

す(他にレポートしたモール泉としては、鶴丸温泉原口温泉があります)。お湯は、加温、加水なしですが、露天風呂

のためか、表示された温度(44.5℃)よりも、かな
りぬるく感じ、長時間の入浴が可能です。





       (問題)ここはどこ? → (答)露天風呂からの景色






 ですので、後
で入室した常連(と思われる)客は文庫本を持ち込んでいました。浴槽の広さは約6×6m、浴槽は「少

々の驚きが隠せない程度の石垣の上」にあるので、浴槽からの景色は、ちょっとした城主気分です
いや、「おさ

るの湯」だけに、ボス猿気分…?
(ちなみに高崎山では「ボスザル」ではなく「αオス」と呼んでいるそうです。現在の

αオスは「マコト」と「ベンツ」)。

                                                         (入浴日:2012年8月11日)