ホーム > 連合会の概要

宮崎県母子寡婦福祉連合会について

宮崎県母子寡婦福祉連合会では、ひとり親家庭の方々の生活や就業の自立を支援し福祉を増進するため活動を行っております。

  • ひとり親家庭の母や父、寡婦の方の福祉の増進を図るための研修会や交流会
  • 県からの委託を受けてひとり親家庭等を支援するための事業
  • 市町村母子会の連絡調整や指導育成
  • 母子福祉センターの運営に関すること
  • 厚生労働大臣の許可をうけて職業相談、求人情報の提供、紹介 など

理事長ごあいさつ

一般財団法人 宮崎県母子寡婦福祉連合会 理事長 福山 陽子

 コロナ禍の中、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

 新型コロナウィルスの感染が止まらない中、今年もまた会員の皆さんが集まっての行事は難しいかもしれません。しかしこんな時代だからこそ、違う形の活動が必要なのではないでしょうか。

 不要不急の外出は自粛を要請され、4人以上での会食は禁止され、毎日毎日今日の感染者は何人でした、と報道されると、家にこもりっきりにならざるを得ません。人と接する機会がないと刺激を受けることがないので、高齢者にとってはよくない環境です。孤独死などという不吉な言葉も浮かびます。

 そこで母子会として、声掛け活動などを行ってみてはいかがでしょうか。訪問が難しければ1日1回電話をかけるなど、会員相互の健康確認を目的とした活動が今こそ必要であると思います。母子会の共助の精神を発揮するよい機会だと思います。

 さて、今年は県母連がこれまで取り組むことができなかったひとり親家庭への独自の支援活動が始まります。夏にはランドセルプレゼント事業、秋には、小学生を対象にした図書カードプレゼント事業が始まります。また、三股町母子会で試行的に取り組み始めているフードバンク事業の成果を、夏頃にはお伝えできると思いますので、県内に広げていきたいと考えております。各母子会が一層発展していきますよう県母連も活動を行っていきますので、みなさまの応援をよろしくお願いいたします。

令和3年6月1日

研修会事業

役員研修会

【日時】令和3年7月25日(日)
【場所】宮崎県福祉総合センター 本館2F

九州地区 母子寡婦福祉研修大会

【日時】令和3年10月16日(土)12:30~17:00
         ~17日(日)9:00~11:30

Adobe Readerのダウンロードページへ
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。