ホーム > 連合会の概要

宮崎県母子寡婦福祉連合会について

宮崎県母子寡婦福祉連合会では、ひとり親家庭の方々の生活や就業の自立を支援し福祉を増進するため活動を行っております。

  • ひとり親家庭の母や父、寡婦の方の福祉の増進を図るための研修会や交流会
  • 県からの委託を受けてひとり親家庭等を支援するための事業
  • 市町村母子会の連絡調整や指導育成
  • 母子福祉センターの運営に関すること
  • 厚生労働大臣の許可をうけて職業相談、求人情報の提供、紹介 など

理事長ごあいさつ

一般財団法人 宮崎県母子寡婦福祉連合会 理事長 福山 陽子

 自粛生活が続く中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 今年の正月は、3密を避けるために初詣もままならない中で新年を迎えましたが、元旦から穏やかな天気に恵まれて、今年こそは平穏で良い年が戻ってくるようにと心中で祈願いたしました。

 昨年は思ってもいなかった新型コロナウィルスの感染拡大の前になすすべもない1年でしたが、年が明けてもいっこうに勢いが衰える気配がありません。社会活動が制約される中、非正規雇用のみなさんがしわ寄せを受けて生活が逼迫しているといったニュ-スを見かけます。少ない収入で日々の暮らしを精一杯頑張っているひとり親家庭のみなさんをどうにかして応援したいと強く思っています。苦しいときにこそ助け合うことが母子会の使命だとも考えています。

 さて、今年は丑年です。「牛」は古くから酪農や農業で人々を助けてくれる存在として大切な生き物でした。大変な農業を地道に最後まで手伝ってくれる働きぶりから、丑年は、「我慢(耐える)」や「これから発展する前触れ(芽が出る)」というような年になるといわれています。新型コロナウィルス感染症が収束の気配すら見えない中ですが、ワクチン接種も始まりますので、きっと希望の芽が出ると信じましょう。

 今年も不透明な状況に変わりありませんが、年間の事業計画をしっかりと立て、ひとり親世帯や寡婦の方々の暮らしに有意義な事業をできるものだけでも実施していく所存です。

令和3年1月29日

研修会事業

役員研修会

【日時】令和2年6月14日(日)
【場所】宮崎県福祉総合センター 本館2F

宮崎県母子寡婦福祉研修大会 ※中止になりました

【日時】令和2年9月19日(土) 13時~16時
【場所】宮崎市 宮崎市民プラザ オルブライトホール

令和2年度全国母子寡婦福祉研修大会 ※中止になりました

【日時】令和2年10月24日(土)~25日(日)
【場所】東京都 アプリコ 大ホール

※状況により変更又は中止の可能性があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。