ホーム > プレゼント事業を行うための寄付金を募集中

プレゼント事業について

ひとり親家庭に育つ子ども達応援プロジェクト
(新入学児童へのランドセルプレゼント及び小学生への図書カードプレゼント事業)

 ひとり親家庭は年々増加の傾向にあり、平成28年には全国で約141万世帯もあり、このうち母子家庭比約123万世帯となっています。総務省の統計によると母子家庭の平均年収は243万円と低い結果が出ており、子どものうち7人にl人が貧困といわれるなか、母子家庭では2人にl人の子供が貧困といわれています。
 さらに、母子家庭の母は非正規雇用が多いため、新型コロナウィルス感染拡大の影響による勤務先の休廃業や勤務時間の短縮を受けて、もともと少なかった収入がさらに減少して、食費を切り詰めて生活するなどますます厳しい状況に置かれています。

 宮崎県母子寡婦福祉連合会では、宮崎県内のひとり親家庭17,157世帯のうち、経済的に苦しい現状に置かれている母子家庭等への支援事業として、母子家庭等の子ども達を応援することを目的に、小学校に入学する子どもへのランドセルプレゼントと小・中学生を対象に図書カードのプレゼントを実施します。
 この事業をたくさんのみなさまに支援していただき、大きな輸を創っていくことができれば、自分の夢を実現するために頑張っている子ども達が、生まれ育った環境に左右されることなく成長していける力強い支えとなるものと確信しております。
 是非とも本事業の趣旨をご理解いただき、母子家庭などひとり親家庭の子ども達への支援のための資金について、格別のご援助を頂戴いただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和3年のプレゼント事業の実績

  • ランドセルプレゼント・・・56名
  • 図書カードプレゼント・・・100名(1人2千円の図書カード)

令和4年のプレゼント事業の目標

  • ランドセルプレゼント・・・100名
  • 図書カードプレゼント・・・150名(1人2千円の図書カード)
寄付金の振込先
宮崎銀行本店営業部 普通400184
一般財団法人 宮崎県母子寡婦福祉連合会 理事長 福山陽子

ご寄付の方

一般財団法人宮崎県母子寡婦福祉連合会
理事長 福山陽子