全国の大会に出場するには・・・

はじめて大会に出場する皆さんへ

宮崎県内にお住まいまたは関係者の方で、
「全日協公認の大会にはじめて出場する方」は
ぜひご一読ください。

1.大会の案内を取り寄せる(必ず!)
   「本物の」案内状を取り寄せて読みましょう。
   
ネットで告知されている簡易情報が全て正しいと思ってませんか?
   
   学校のかるた部に所属する皆さんは、まず顧問の先生に相談しましょう。
   大会は「個人戦」ですが、顧問の先生への相談なく出場してはいけません。

   全国の大会案内に掲載されている大会の案内は県協の事務局に届いています。
   県協の事務局にメールで請求してください。
   (メールアドレスはトップページをご覧下さい)
   学校のかるた部の場合は、顧問の先生に請求してもらいましょう。
      

2.大会の案内をよく読む
   大会の案内状には、日時、場所などの他、
   その大会特有の情報なども詳しく載っています。
   よく読んで、参加を検討して下さい。

3.県協申込締切(HPで告知)までに宮崎県協事務局に申し込む
   案内状に書いてある大会事務局に個人で申し込むことはできません。
   県協の事務局から一括で申し込みをします。
   ※A〜C級は選手登録の確認、
     D級以下は大会出場レベルに達しているかの確認などのためです。

   事務局へのお申し込みは、メールまたはファクス、郵便でお願いいたします。
    @大会名
    A出場級
    B氏名
    C段位
    D学校名
    E代表者の連絡先(当日も連絡のつく電話番号またはメールアドレス。)
   
を明記して
   「県協申込締切」の日までにお申し込みください。
   県協申込締切は、大会事務局の締切の約一週間前に設定してあります。
   それ以降は事務局が対応できない場合もあります。

   学校のかるた部の場合は、顧問の先生にお願いしましょう。
 
   メールの場合、必ず受け付け確認のメールを返信いたします。
   1週間たっても返信がない時は、他の手段でご連絡ください。

   申し込みはお早めに、締切は必ず守りましょう。
   大会事務局は、事前申込みの人数を確認して
   札を準備し、各級・各回の会場、読み手を手配し、
   場合によっては対戦数の調整も行います。
   近頃では参加者が増えているので、
   札の数や会場の広さの都合で、参加者数に定員を設けてある大会も増えてきました。
   その場合は、締切前であっても、受け付け終了になります。

   申込み後に行けなくなった時も、必ず連絡しましょう。
   定員に達していて、キャンセル待ちが生じている場合もあります。

   最近は、参加人数が増えているため、締切後の申込は不可能です
   なんの連絡もなく、当日いきなり会場で申込みをするようなことは絶対にやめましょう。
   「遠くからわざわざ来たんだから、参加させてくれるだろう」
   なんてことを考えてはいけません。
   大会事務局に大迷惑をかけることはもちろん、
   突然来たあなたを出場させてあげるために、
   人数調整で出場をあきらめる地元の人がいるかもしれないのです。

 A〜C級の出場資格について

A〜C級に出場するには、所定の段位取得と共に、
全日協への選手登録

が必要です。
   
全日協の登録年度は4月〜翌年3月。
   
選手登録費は年間5000円です。

   初段を申請した年度(〜3月まで)については免除されますが、
   それ以降は新年度ごとに選手登録費を納め、
選手登録更新をしていく必要があります。
   
   近江神宮で行われる高校選手権の個人戦A〜C級にも、
選手登録をしていないと出場できません。

   大会申し込み時点で段位申請、登録手続きが終了していない場合、
  大会当日までに全日協本部の段位認定の承認を得ていない場合、
  大会への出場はできません。

  また、BCD級の優勝者は当該級に再び出場することはできません。

   

   2〜3位の入賞者は同じ級に再び出場することも可能ですが、
  その場合、前回得た昇段資格を失いますのでご注意ください。
   

   大会で入賞し、新級で次の大会に出場をしたい場合は、
   直ちに段位申請書を県協事務局にご提出ください。
   次の大会まで間がないなど、急ぐ場合は、事務局にお電話ください。
 

4.大会当日、会場に行く
   受付締切の時間までに会場に到着し(余裕をもって!)
   受付で参加費を払い、出場の手続きをします。

   申込みの際の所属はA〜C級は「宮崎県かるた協会」
   D級以下は自分の学校名(○○高校など)です。

   
   開会式後にすぐに点呼、組み合わせがはじまります。
   着替えは開会式の前に済ませておきましょう。

   貴重品は必ず手元に置いておくこと。
   また、履き物をそろえることはもちろん、
   控え室、更衣室、トイレなどは「美しく」使いましょう。
   かるた大会に会場を快く貸してくれるところは少ないのです。
   皆さんのご協力があるとうれしいと思います。
   
   携帯電話はバイブも不可です。
   できるだけ電源を切っておきましょう。
   
   ちょっとそのあたりを散策してみたくなりますが、
   次に自分の試合があるうちは、会場を離れてはいけません。
   試合前の組み合わせ、着席時に不在の場合、
   たとえどんな理由があろうと、不戦敗になります。


   昼食の時間はありません。
   会場近くにコンビニなどがない場合も多いです。
   (宮崎大会もそうです)
   軽食を準備していきましょう。

   試合が終わったら、
   勝った人だけが札を持って進行本部に行き、
   「自分の名前」と「残った枚数」を正しく報告します。
   負けた人は行きません。
   どっちが勝ったのかわからず混乱することがありますから。
   
   トーナメント戦ですから、負けたらそこでおしまいです。
   時間がある時は、ぜひA級の試合を見学してください。
   そして、次の大会でまたがんばりましょう。

   最後に、私(事務局)がはじめて出場した大会の時に
   大先輩から聞いて、今でも大切にしている言葉をお伝えします。

    「大会を開催するというのは、とても大変なことです。
     大会会場にいる大人全員に、皆さんはお世話になっているのです。
     だから、挨拶をしましょう。
     感謝の気持ちを忘れないでください。」  

   心のどこかにでもとめておいてくれるとうれしいです。

戻る