作品創作の環境について 119

とおくの孫ちかくのヤギ

クマタカ材料の注文



10月、少し涼しくなりました。

工房では、作品を「市美展」に変えて彩色作業をしています

題名「とおくの孫とちかくのヤギと・・・」で出品します。

 ほのぼのとした

70歳ジィジの生活ぶりが伝われば幸いです。

搬入日が1022日ですが、ぎりぎりになるかもしれない・・・。

彫刻に彩色するのですが

正面にする方向から、当たる光を想像しながら進めます。

細部に違和感あるものだから時間がかかっています。





また同時に搬入箱も準備しなくければなりません。

 これまで11㎜ほどの合板を使っていたが、

さすがに重く感じてきたので5,5㎜にして軽量にしている。

ところで、

年が明けたら作品のリストづくりの準備もしようと思う。

これまでの作品や材料などを確認しておきたい時期になった。



クマタカの頭部には注文があった。

そんな中、

高鍋町の中武さんからクマタカとフクロウの材料注文があった。

作品となる大きさの材料があるか気になります。

当然,一木では無理なので接着することになる。

それにしても、

81
歳になる中武さんの創作意欲は、刺激になります。

注文を、私の創作リストにある規制品でいいと遠慮しているようだが、

「どんな姿の鳥か参考になる資料を」と連絡すると、

意外とその姿の具体例を持っているらしくPCで検索したコピーを送ってきた。 

できる限り近づけたいと思います。



作品創作の環境について120


バードカービングKOUTAROU
gorosuke@miyazaki-catv.ne.jp


 TOPへ