作品創作の環境について 113

平和願う兵士の腕を準備!


写真公開させていただきますが、リアルに作業風景は見せられない!!馬鹿か!と言われそう。

剥げジジと白髪ババが遊んでいます。

まじめに作業台の上に寝そべって・・・

これは、構想する次の作品のモデルの写真です。 

ほふく前進する兵士の腕を表現したいのですが、

ジジ・ババは背筋弱く頭が想定するより倒れてしまいます。

そのため腕は、倒れる体を支えることに使われて前進を感じない。

頭で修正しながら彫刻に生かそう!!





ほふく前進して領土境界についた兵士は、

「領土奪還!!」と叫ぶのだが、国旗を掲げない。 

それは、和平を望むからだ。

国旗でなく手にバラの花を一凛もって、

戦争の終結を望むというストーリーの彫刻です。

ウクライナ兵士が敵の武器を「埋める」の作品から

完成近い「戦禍の母」と同じく、

仮題「領土奪還・和平を・・・!」は、平和シリーズ作品です。 



名もない金もない老いぼれ地方彫刻家が、

自分の役割として創作する意義ある活動なのです。


作品創作の環境について114

バードカービングKOUTAROU
gorosuke@miyazaki-catv.ne.jp


 TOPへ