ホルミシス効果

ホルミシス効果


日本には数多くのラジウム温泉が存在し、玉川温泉(秋田県)、増富温泉(山梨県)、三朝温泉(鳥取県)などが有名です。

「ホルミシス効果」とは、奥深い山奥で、サルやシカなどの動物が、ラジウム温泉に浸って傷口を治す光景に出会うことがあります。
 これは、ラジウム温泉が、健康増進に役立つことの証だとも言われています。
 ラジウム温泉にまつわる、以下のような話をご存知の方も多いでしょう。

 生活習慣病、病院では治らなかったがんやリウマチなどの難病が治癒したラジウム温泉の鳥取・三朝町には、「ガンになる人」が少ない。この理由の一つは、体内には細胞の老化を防止する酵素を、飛躍的に増やすからだとわかってきています(抗酸化作用、SOD様作用)。

 ラジウム温泉につかっているのと同じ体験を、お肌で実感できれば、細胞の老化を防止し、生き生きさせることで、お肌を若返えらせて美肌を保つことができます。

 ホルミシス効果の代表的なものとして有名なのが「マイナスイオン効果」です。




ホルミシス温泉母石

[←先頭へ]