宮崎市PTA協議会
 

平 成 26 年 度 活 動 報 告

 

平成26年度 第2回PTA会長会

○ 日 時:平成27年3月12日(木) 19:30~21:00
○ 会 場:市民プラザ 4F大会議室
○ 参加者:各小中学校PTA会長、市生涯学習課    
市PTA協議会役員・事務局
※出席者78名

○ 内 容
1 挨 拶 宮崎市PTA協議会会長 児玉 照彦

2 市PTA研究大会報告並びに会計報告  
・児玉会長から第50回記念大会宮崎市PTA研究大会並び に会計報告がありました。

3 各専門委員会活動報告   
各専門委員長から下記の事業について報告がありました。

・会員交流委員会・・スポーツ大会   8月2日(土)宮崎市総合体育館

・家庭教育委員会・・家庭教育研修会 10月1日(水)市民プラザ ギャラリー

・研修委員会  ・・三者合同研修会 10月16日(木)   〃
市PTA研究大会 2月 7日(土)オルブライトホール

4 ブロック代表者会内容報告  
・これまでのブロック代表者会について、その内容を安藤副会長が報告しました。

5 平成26年度事業報告  
・平成26年度の主な事業について、鬼塚副会長が報告しました。

6 平成26年度収支決算見込み報告  
・平成26年度収支決算見込みを尾崎会計が報告しました。

7 平成27年度事業計画(案)
・平成27年度事業計画(案)について、蛯原副会長が説明 しました。  
8 平成27年度予算(案)について、尾崎会計が説明しました。

第2回PTA会長会の概要  

会長挨拶から始まり、7項目にわたって報告や説明・提案がありました。それ に対して多くの質問や意見が出されましたが、特に検討課題となることはなく、スムーズに会を終了することが出来ました。
平成28年度本県で開催される九州ブロックPTA研究大会に向けての今からの備えや、次年度の福岡大会へのキャラバン隊をはじめ多くのPTA会員の参加について、児玉会長からお願いがありました。出席者の意識を高める良い機会となったと思います。

お忙しい中、ご出席頂きました各PTA会長の皆様、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。



児玉会長の挨拶




熱心に聞き入るPTA会長




平成26年度 第11回役員会

平成27年3月5日(木)、第11回役員会を行いました。

(1)第3回ブロック代表者会(2月26日開催)について     
特に問題もなく、滞りなく終了することができました。

(2)第2回PTA会長会について    
○会長会時の市PTA協議会役員の役割分担について確認しました。    
○資料の検討・確認をしました。     
・平成26年度事業報告・決算書(見込み)     
・平成27年度事業計画(案)・予算書(案)     
・財政調整積立金規程

(3)その他
○「こども新聞」について
○定期総会における教頭の代理出会について

以上


平成26年度 第3回ブロック代表者会

日 時  平成27年2月26日(木) 19:30~21:00
会 場  市民プラザ 4F中会議室
参加者  ブロック代表者 生涯学習課 市PTA協議会役員 事務局員 計36名          

1 会長あいさつ  

2 各委員会活動状況報告   
○ 各専門委員会委員長からそれぞれ反省を含めた活動報告がありました。
・研修委員会:三者合同研修会 平成26年10月16日(木)開催
第50回PTA研究大会 平成27年2月7日(土)開催
・会員交流委員会:スポーツ大会(ミニバレーボール) 平成26年8月2日(土)開催
・家庭教育委員会:家庭教育研修会 平成26年10月1日(水)開催

3 協議事項

(1)単位PTA・各ブロック内の活動報告      
各ブロックにおける本年度の主な活動の報告がありました。
各種スポーツ大会、地区行事への参加、夜間巡回指導、懇親会、講演会・研修会等、保護者、教職員、
児童生徒を含めた様々な事業や活動が報告されました。

(2)今後の活動に向けて     
・人権尊重の研修報告、及びブロック別研修報告について、その様式、内容の記載方法についてお願いしま
した。    
・次年度九州ブロックPTA研究会福岡大会への参加、キャラバン隊の編成と派遣等についてお願いしました。

4 その他    
特になし


平成26年度 第10回役員会

平成27年2月19日(木)、第10回役員会を行いました。

(1)宮崎市PTA研究大会について    
・研究大会の決算報告の後、大会参加者からのアンケートのまとめを中心に反省をしました。アンケートの結果
ではどの項目も概ね良好でした。また、ご意見・感想でもほとんどの方から感謝の言葉をいただきました。
・役員からは、開会式や事前打ち合わせ方法の改善案が出され、今後検討していくこととしました。

(2)第3回ブロック代表者会について    
・開催時期と内容の確認をしました。 2月26日(木)19:30~    
・次年度の報告書の提出方法について検討することとしました。

(3)第2回PTA会長会について    
・3月12日(木)19:30~    
・会長会時の資料の確認をしました。     
平成26年度事業報告・決算見込み及び平成27年度事業計画(案)・予算書(案)    
・会長会時の役員役割分担を検討しました。

(4)その他
・平成27年度 宮崎市PTA協議会組織図について

                                           以上


平成26年度 第50回記念大会 宮崎市PTA研究大会

○ 大会スローガン
「育てよう!心豊かでたくましい明日を担う子ども」

○ 主 催:宮崎市PTA協議会 宮崎市教育委員会

○ 共 催:宮崎市小・中学校校長会

○ 日 時:平成27年2月7日(土)12:00~16:00

○ 会 場:宮崎市民プラザ オルブライトホール

○ 参加数:約511名

○ 日程・内容

1 アトラクション:加納小学校「臼太鼓踊り」   
開会に先立つアトラクションでは、加納小学校6年生による「臼太鼓踊 り」 が披露されました。地域の伝統を引き継ぎ毎年運動会で披露されています。

2 開会行事

①あいさつ 大会会長・宮崎市PTA協議会会長 児玉照彦
「子ども達には世の中の急激な変化にも対応できる逞しく生きる力を 身につけてほしい。私たち親は、子ども達の未来を守り育てる絆を強く していく事が大切。そのために親がいかにあるべきかを一緒に考えてい きたい。」とあいさつした。

②祝 辞  戸敷 正 宮崎市長 
戸敷市長より第50回大会開催への祝辞とともに、常日頃から子育てや地域のために活動している保護者への感謝が述べられた。また、地方創生元年に鑑み、宮崎の発展のために将来を担う子ども達の育成、地域づくりに行政と家庭、地域、学校の連携の大切さを強調されました。

3 事例発表
赤江小学校PTA 椋木 忠会長
「早寝、早起き、朝ごはん」と題し、PTA学校保健委員会の取組を発表された。この取組は4年前から実施。毎年2月に各学年の発表会をしている。目的は、朝食の大切さを知る、感謝の心、料理の手順を学ぶ、感動を味わう。そして、生きていく(食べていく)術を身につけること。 そこに親の役割(支援)が重要となる。と訴えられた。  

4 パネルディスカッション
コーディネーター:宮崎市PTA協議会 児玉照彦会長 
パネリスト: 赤江小学校PTA 椋木 忠会長
元養護教諭 恵利有子先生
ひろがれ弁当の日in宮崎実行委員会 船ヶ山清史代表
討議題 「食が『強い心と強いからだ』を育む」     
事例発表に引き続き、「食育」をテーマとして、パネルディスカッシ ョン
が行われました。それぞれの立場から「食育」の大切さ、「食」を 通して親子のコミュニケーションの深まり、感謝の心、感動・達成感 そして、健康なからだづくり、等得られることの多さ、大切さを訴え られました。それには親の援助が欠かせないことは言うまでもないこ とです。また、あらかじめ参加者から書いて頂いたアンケートの紹介 や課題や質問に対し、パネラーから意見を聞く場面もありました。

最後にコーディネーターが

○ 親子で料理を作るとは、日々当たり前に食卓に出る料理を食べて
いる事への感謝。      
○ 親が子どものライフスタイルに限りなく寄り添う、お互いへの感謝。
○ 親が変われば、子どもも変わる。       
だからこそ、「親の背中」を大切にしていきたいと思います。と締め
くくりました。

5 表彰式  団体表彰3団体、個人表彰36名  
代表謝辞 宮崎南小学校PTA 日吉健二会長 

6  講 演:「今こそ、学校・家庭・地域の絆を深めよう!」
講 師:国立教育政策研究所 教育課程調査官 長田 徹先生  
今回は、全国を回って講演活動をされている 長田 徹先生をお迎えしました。
先生は、東日本大震災が起きた時、仙台市教育委員会で指導主事を務めておられ、その 未曾有の災害を通して感じた、学校・家庭・地域の絆の大切さについてお話いただきました。  

○ 子どもの学力を上げる。   
・内発的動機づけ(内側から湧き出る意欲)が学力を向上させる。
・基本的生活習慣のついている子は伸びる。   
・低学年時に定着させることが大切である。低学年時に身につけ
たものは一生役立つ。   
・将来に対する夢・目標やイメージが掴めている子は、成績が良い
・毎日会話するのが親や担任教師だけでなく、地域の人など別な
関係の大人と毎日会話できている子は、ゴールを見つけやすく
学習意欲が高い。(ここから「学校支援地域本部事業」へと発展
した)

○ 東日本大震災のお話。    
未曾有の大震災、押し寄せる津波の中、辛いできごとの事例をお
話され、 参加者の涙を誘いました。その中で、子どもたちのとった
勇気ある力強い 行動に感動させられました。地域の絆で育まれた
からこそ、地域に返せる ものがある。学校・家庭・地域の関係が良
好だった学校は避難所運営がう まくいき、小学校の避難所の人た
ちが、県外からの帰宅困難者を“おもて なし”したことなどから、先
生は学校・家庭・地域の連携の大切さについて確信を深められた
そうです。  

実体験に基づくお話であり、参加された皆さんの心に訴えるすばら
しい 講演でした。



加納小6年生による
「臼太鼓踊り」




児玉大会会長のあいさつ




赤江小PTA会長の事例発表




パネルディスカッション




長田先生による講演


平成26年度 第9回役員会

平成27年1月22日(木)、第9回役員会を行いました。

(1)表彰委員会    
各学校から推薦の上がった団体・個人の表彰候補者について、規程に則り慎重審議の上、3団体、個人36名が表彰されることとなりました。表彰者は、第50回宮崎市PTA研究大会で表彰されます。

(2)第50回宮崎市PTA研究大会に関して、資料を基に最終打合せをしました。    
・アンケートについて    
・役割分担確認について    
・全体の流れについて    
・大会参加者数について

(3)第3回ブロック代表者会について    
・2月26日(木)19:30~    
・協議事項確認

(4)平成26年度決算見込みについて

(5)その他 ・専門委員会における代理出会者への旅費について

以上


平成26年度 第8回役員会

12月18日(木)、第8回役員会を行いました。
(1)第2回ブロック代表者会の反省   
・10名の役員選考委員の選出がスムーズにいった。

(2)県外研修・県PTA研究大会串間大会について
① 国内研修(12月5日)
○研修先:鹿児島県志布志市PTA連絡協議会
○期 日:平成26年12月5日(金)
・我々の側の活動概要説明の在り方について一考すべきである。     
・多くの意見交換ができ、充実したと研修となった。     
・活動目標の設定や取組のシステム等見習いたい部分があった。   
② 県PTA研究大会串間市大会    
○期 日:12月6日(土)     
・良しも悪しきも勉強になった。

(3)第50回宮崎市PTA研究大会に関して、資料を基に第1次の細かな打合せをしました。   
・前日及び当日の準備等について   
・役割分担、当日の動きについて   
・大会日程確認   
・アトラクションについて   
・パネルディスカッションについて

(4)その他
・ブロック代表者会運営細則について
・九州ブロック研究大会宮崎大会について  

以上


平成26年度

第56宮崎県PTA研究大会串間市大会

○開催日時 平成26年12月6日(土)12:30~16:40  

○場  所 串間市文化会館

○研究主題 「子どもの成長を願い、今から行動を!」  

~ 情熱溢れる「親の背中」が子供の成長への架け橋 ~

○宮崎市PTA協議会の参加者数(届出数) 305名

◎ 内容

1 アトラクション
・「大平棒おどり」串間市立大平小学校
・「笠祇子どもてべすおどり」串間市立笠祇小学校  

2 開会行事
挨拶 県PTA連合会長 山田由美子 氏    
宮崎県知事    河野 俊嗣 氏(代読)
宮崎県教育長   飛田  洋 氏
串間市長     野辺 修光 氏
表彰1 宮崎県PTA連合会表彰
宮崎市PTAでは、団体表彰:清武小学校・生目台中学校
個人表彰:鬼塚 秀紀 氏
表彰2 九州ブロックPTA協議会表彰      
宮崎市PTAでは、個人表彰:長岡 政己 氏

3 研究発表
(1)国富町立八代小学校PTA:PTA会長 平賀 伸一 氏
「横のつながりを深めるPTA活動の在り方」
~学校と連携した親子の取組~

○ PTA活動を進めていく上で中心となるのは、家庭における親子の触れ合いが大切であり、その充実のために、親子で取り組む活動の推進を図った。

その1 家庭用掲示バッチリチェック表の活用
一日の基本的な生活習慣を親子でチェックすることにより、基本的な生活習慣の見直しができ、親子の会話が増えた。

その2 虫歯ゼロへの取組     
学校保健委員会を生かす。学校保健委員会だよりの活用、「歯
の日」の設定をし、親子で歯に関する触れ合い活動を実施して
いる。

その3 「親子でクッキング」の取組     
学校の食育指導として、夏休み期間に「親子クッキング」に取り
組んでいる。

その4 千切りだいこんの取組     
PTA生活環境部が4年生の総合的な学習の時間への協力とし
て取り組んでいる。

○ 学校の取組をPTAが積極的に受け止めることで保護者と学校との連携を深め、活動を通して親子の触れ合いの充実を図る、素晴らしい実践に基づいた発表だった。

(2)串間市立福島中学校PTA:PTA会長 山下 博樹 氏

「子どもたちと共に学ぶ地域の『環』」
~学校と地域が一体となった環境教育の実践~

○ 福島中学校PTAの主な活動として、「奉仕作業」「PTA新聞発行」「 あいさつ運動」「PTAバザー」「家庭教育学級」等があるが、具体的な 実践活動として、今回は特に環境教育への取組についての発表でし た。

串間市は、平成15年に「水辺環境保全都市宣言」を行っており、 ふ
るさとの水辺環境を守る活動に子どもたちが参加するため、PTA が組織としてその啓発活動を進めている。そこで取り組んだのが「え ひめ AI―2」というもので、環境微生物を使った水質浄化法である。 「えひめAI―2」は24時間で簡単に製造でき、家庭や学校で使用 することで環境保全に役立っている。その効果の体験から、各学校へ 訪問し、啓発活動をしている。また、地域と連携し、「えひめAI―2」 の普及
活動を行っている。農業関係者はもとより、民間組織との連携が取れ
始めたことにより、一般市民にまで広がることを目指している。  

○ 環境保全活動は家庭や生産農家、企業等全市民が心を一つにして 取り組むことによって成果をなすものである。その目的達成のため、子 どもを巻き込んでのPTA活動とし、その普及に努めておられるPTA役員の方々の熱い思いが感じられる発表でした。

基調講演  15:10~16:30   
演題 「 共に育つ ~子どもを幸せにする豊かな心~ 」   
講師 南蔵院第二十三世住職 林 覚乗 氏

主な講演内容

・両親が幸せ感を感じていない家の子は、幸せ感を感じることはできない。

・当時、生活態度がだらしなくどうしても好きになれなかった小学五年生の男の子とその受け持ちだった女性教師の教育愛によりその子が見事に立ち直る話。教育は愛である。出会いが人生を変える。教師もまた、教育の素晴らしさを感じる。

・親はわが子を見るとき、他人との比較で見がちである。その子を見るべきだ。

・お互いの感謝の言葉が夫婦円満の秘訣。   
・道徳的実践力を身につけよ。   
・人の幸せを願い、人の不幸を共に悲しむ人となれ。   
・障害のある子、辛いことだが試練として乗り切れ。家族も又試練として闘っている。君は一人ぼっちではない。いつも家族が見守ってくれている。
・物の豊かさではなく、心の豊かさこそが大切だ。   
・親として子どもがいる幸せ、教える生徒がいる幸せな先生。   
・生まれてくれてありがとう。産んでくれてありがとう。   
・いじめを苦に自殺する子。子どもが死に追い込まれたとき、「お父さん、お母さん助けて」と言ってもらえない親。親はその子にどのように接していたのか。

○ 本大会を開催して頂きました串間市の皆様方に深く感謝申し上げます。

宮崎市から参加されました会員の皆様方、お疲れ様でした



開会行事


挨拶する飛田県教育長


研究発表する
山下福島中PTA会長


平成26年度 国内研修視察

○日 時 : 平成26年11月20日(木)19:00~21:00

1 研修日時  平成26年12月5日(金) 17:00~19:30

2 研 修 先  志布志市PTA連絡協議会

3 研 修 者  宮崎市PTA協議会会長 児玉照彦 他10名

4 志布志市PTA連絡協議会側 PTA連絡協議会会長  
野村広志 氏 他10名  

5 研修会(志布志市文化会館) 17:00~18:20
(1)情報交換会

進行:青山副会長(志布志市PTA連絡協議会)

【宮崎市PTA協議会活動の概要説明】

主に宮崎市P協定期総会資料を元に説明。     
・組織編制について
・活動方針・スローガンについて
・専門委員会活動について
【志布志市PTA連絡協議会の概要説明】プレゼンテーション
・会員の資質向上を目指して各種講演会
・研修会の開催。
・「愛のパトロール」各単Pで安全見回りを実施。
・「学校を見に行こう事業」 鹿児島県では、教育県民週間(11月) が設けられ、誰でもどの学校でも参観できる学校開放を実施。

・広報部会では、宮崎市と同じく年2回の市P連新聞を発行されている。

・母親部会では、県P連5つの重点運動項目の一つを受けて、特に「食育」に力を入れている。志布志市「きらり輝く3つのおしえ」(煮しめのおしえ・つけあげのおしえ・にぎりめしのおしえ)を掲げ、市P連会員へ周知させた上で、にぎりめしコンテスト・つけあげコンテスト・煮しめコンテストを実施している。

最優秀賞・市長賞・教育長賞等の表彰がある。


【質疑応答】   

○宮崎市PTA協議会からの質問     
・貴市P連「食育」の最終目標    ・役員の選考方法について    
・安全面で取り組まれていること   ・母親部会の規模について    
・「食育」の普及(県全体、貴地区、周辺地区) 状況について
・市P連と各単Pとの連携、工夫されていること、
単P間の温度差等について     
・PTA組織所属に関する考え方に異論はないか    
・幼保、小中、中高の連携・触れ合い事業は行われているか    
・ブロックごとの触れ合い事業について 
・市P連新聞(きらら)について  

○志布志市PTA連絡協議会からの質問   

・宮崎市会員交流委員会のスポーツ大会の開催方法について
(2)会議参観  18:30~19:30
「志布志市PTA会長会」… 志布志市文化会館2階会議室 
5 感想   今回の国内研修は、学校と保護者、地域が一体となって子どもの育成に取り組んでいる志布志市PTA連絡協議会を訪問し、PTA活動がしっかり根付いていることを実感できる研修であった。特に食育について市全体で取り組んでおられ、「きらり輝く3つのおしえ」のもと、親子でつくる各家庭の伝統的な料理づくりを通して、食への関心と食育の大切さ、家族の触れ合い、伝統の味づくり等が生かされるすばらしい取組であった。また、まずは県あるいは市が具体的な努力目標を掲げ、それを受ける形で各ブロックや単Pでの工夫・実践が成果へと繋がる。活動活性化を図るため、そのための具体策を講じることの大切さを改めて学ぶことができた。

今回、私たちと同じように、様々な悩みや課題を抱えながらも子どもたちの健全育成を願ってPTA活動をされている志布志市PTA連絡協議会の方々から直接お話を伺うことができた。 他県のPTA活動の実態に触れて学び、それらを土台にして本市P協の益々の発展へと繋いでいくことは、大いに意義あるものと考える。
この研修に深いご理解とご支援をいただいている宮崎市教育委員会に感謝し、ご多忙中にもかかわらず訪問を受け入れ、熱心に研修を深めていただいた志布志市PTA連絡協議会役員の方々をはじめ、志布志市教育委員会の皆様に改めて深く謝意を表します。

ありがとうございました。




志布志市PTA連絡協議会
会長のご挨拶


活発な意見交換


志布志市PTA会長会を参観

平成26年度 第2回ブロック代表者会

○日 時 : 平成26年11月20日(木)19:00~21:00

○会 場 : ベルエポックカフェ宮崎

○参加者 : 各ブロック代表者 、市PTA協議会役員・事務局、       
市生涯学習課  
1 会長あいさつ    
児玉会長から、市PTA協議会活動に対する日頃のご支援 ご協力に対する感謝とお礼の言葉があり、平成27年度宮崎市P TA協議会新役員の選考方法について説明がありました。

2 各専門委員会の活動状況報告
会員交流委員長の椎葉副会長、家庭教育委員長の山田副会長、 研修委員長の鬼塚副会長から、各専門委員会が実施した市PTA スポーツ大会、家庭教育研修会、三者合同研修会へのご支援ご協 力に対するお礼と、平成27年2月7日(土)に開催する第50回 市PTA研究大会へのご協力についてお願いがありました。

3 協議事項   
①市P研究大会に向けて     
今回は第50回の記念大会でもあり、パネルディスカッションを取り入れたい。良い話が聞けたと喜んで頂けるように努力していきたい。旨、会長より協力依頼と諸手続きについ てのお願いがありました。

②平成27年度役員選考委員選出
役員選考グループA~Eに分かれ各グループから2名を選出し、10名の役員選考委員が決定しました。

③PTAブロック別研修会報告書の提出について(事務局より)
人権尊重の教育研修会及びブロック別研修会の報告書の現況 と実施後の報告書のすみやかな提出についてお願いをしました。

4 情報交換    
協議に引き続き、各ブロックの活動状況について情報交換を行いました。

ご参加頂きましたブロック代表の皆様、市PTA協議会役員並びに市生涯学習課の皆様、お疲れさまでした。




あいさつする児玉会長


各専門委員会の活動状況報告
(山田家庭教育委員長)


A~Eの役員選考グループ
に分かれての協議


平成26年度 第7回役員会

11月6日(木)、第7回役員会を行いました。

(1)研修委員会活動内容について  
① 三者合同研修会の反省《10月16日(木)開催》  
・準備から後片付けまでスムーズにいった。  
・マイクの感度もよく、聞きやすかった  
・古い話もあり、若い方にはわからない部分もあったようだ。

② 研修委員長から実施報告書について説明がありました。

(2)第2回ブロック代表者会について
日時 11月20日(木)19:00~ 

場所 ベルエポックカフェ宮崎
具体的な内容、流れ等について最終確認をしました。

(3)県PTA研究大会串間市大会について打合せしました。

(4)第50回宮崎市PTA研究大会に関して、資料を基に第1次の細かな打合せをしました。
以上


平成26年度 三者合同研修会

○目 的:宮崎市PTA協議会の基本姿勢の一つである「家庭・学校・地域の連携のもとに、PTA会員相互の協調と信頼、相互理解を深める」ことを踏まえ、PTA・学校・教育委員会の三者が一堂に会し、講師の先生を迎えて合同研修会を開催する。

○日 時:平成26年10月16日(木)19:30~21:00

○会 場:市民プラザ 4Fギャラリー

○主 催・主 管:宮崎市PTA協議会・研修委員会 

○共 催:宮崎市教育委員会 宮崎市小中学校校長会 

○講 師:宮崎県立芸術劇場
理事長 佐藤 寿美 氏

○参加者:宮崎市小中学校PTA会長 宮崎市小中学校校長
宮崎市教育委員会教育局長・参事・課長・生涯学習課担当
宮崎市PTA協議会役員・研修委員会委員・事務局 

〈概要〉

講演に先立ち、はじめに児玉照彦会長が、来るべき第50回宮崎市PTA研究大会及び再来年の九州ブロックPTA研究大会宮崎大会への協力をお願いするとともに、本協議会に対する日頃のご支援、ご協力に対する感謝の言葉を述べました。続いて二宮俊尚教育局長及び宮崎市中学校校長会の上川路伸一会長からごあいさつを頂きました。
今回の三者合同研修会は、講師に宮崎県立芸術劇場理事長の佐藤寿美氏をお招きしてご講話頂きました。佐藤氏は、長年にわたりNHK報道ディレクターとして様々な番組を手がけられ活躍された方です。

今回、「実現できなかった番組たち」~人間を描くテレビの難しさ~という演題でお話し頂きました。

ご自身の心に残る9項目の実現できなかった番組について、その時代背景、それぞれの番組の内容、番組を通して視聴者に伝えたかったこと、実現できなかった理由等具体的にお話しして頂きました。参加者にとっては、どのお話しも初めて聞く内容であり、大変興味深く聞くことができました。講話を通して、企画番組の成立の難しさやそれぞれの番組の裏に隠された人間ドラマを垣間見るとともに、日頃、我々が何気なく観ているテレビ番組の裏で、ディレクターをはじめ多くのスタッフの方々の番組への思いを改めて知ることができ、大いに勉強になりました。

ご参加頂きました154名の皆様、お疲れさまでした。




児玉宮崎市PTA協議会会長、
二宮教育局長、
上川路中学校校長会会長の
三者が挨拶を行いました。



番組制作に対する熱い思いを
語られる佐藤講師



参加いただいた宮崎市小中学校
PTA会長・校長、
教育委員会関係者



平成26年度 第6回役員会

10月9日(木)、第6回役員会を行いました。

(1)各専門委員会活動内容について

①家庭教育研修会の反省(10月1日(水)開催)

・数校が欠席だった。  
・自分の子育てについて振り返る良い機会となった。との感想が多く聞かれた。
・ワークショップについては、馴染んでおられない方もいたが、他校の方との交流や意見交換ができて良かっ
た。等の感想があった。
・次年度の開催日は、9月17日(木)となった。  

②研修委員会・・10月16日(木)に開催する三者合同研修会についての開催要項、日程、役割分担、準備等について最終確認をしました。

(2)第2回ブロック代表者会 11月20日(木)の流れ等について打合せをしました。

(3)第50回宮崎市PTA研究大会に関して、講師、事例発表、アトラクション、パネルディスカッションについての打合せをしました。

以上


平成26年度 家庭教育研修会

○目 的: 家庭は、子どもに人としての生き方や社会規範を培う育ちの場である。共に子育てに奮闘する保護者の学びの場として生の声を反映しながら、温かく豊かな人間力を醸成する土台となることを願って家庭教育研修会を開催する。

○日 時:平成26年10月1日(水) 13:30~16:00

○会 場:市民プラザ 4Fギャラリー

○研究主題:「育てよう!心豊かでたくましい明日を担う子ども」

○研究内容:講 演
・テーマ「10秒の愛」心に優しさの貯金
・講 師 鳥取県PTA協議会 会長 井 上 洋 子 氏

○参加者:単位PTA会員 
宮崎市PTA協議会家庭教育委員会委員
宮崎市PTA協議会役員・事務局
宮崎市教育委員会生涯学習課       

講師の井上洋子氏は、現在、鳥取県PTA協議会会長を務められる傍ら、「10秒の愛」 実行委員として、子どもたちの心の安定と笑顔のために、「10秒の愛」をPTA活動に取り入れ、各地において講演活動とその普及に努力しておられます。
「10秒の愛」・心に優しさの貯金 ~幸せは きっと あとからやってくる~ というテーマで、日常の生活における様々な経験を基に、具体的な事例をあげながら「10秒の愛」を分かりやすくお話しして頂きました。何気なく過ぎ去ってしまっている日常生活での優しさや思いやりの心は、言葉や行動で日々示していくことが大切なのだと改めて認識し、自分を振り返るよい機会となりました。また、“やっぱり継続は力なり”優しさの貯金がやがては幸せを呼ぶことに繋がることを教えられました。今後、この「10秒の愛」の輪が、宮崎にも広がっていくことを
願っています。

第2弾の「ワークショップ」では、次の3点についてグループ討議を行いました。 最後はブロックごとに発表会でした。

①このような事をやったら後から幸せがやってきたこと、良かったこと
②今、課題だと思っていること。
③これから課題解決に向けてやれそうなこと、やりたいこと。
参加者は、各グループ初めて顔をあわせたとは思えないほど打ち解け、たくさんの意見を出し合い、大いに盛り上がっていました。コミュニケーションを深める意味においても大変良かったと思っています。

今回、お忙しい中、147名の皆様にお集まり頂き、大変有意義な研修会を開催することができました。ご参加いただいた単位PTA会員の皆様、家庭教育委員会委員の皆様や宮崎市PTA協議会役員の皆様、並びに宮崎市教育委員会

生涯学習課の皆様、本当にお疲れさまでした。



講演中の井上氏



課題に取り組む参加者



ブロックごとの発表会



平成26年度 第5回役員会

9月25日(木)、第5回役員会を行いました。

(1)各専門委員会活動内容について  
家庭教育委員会委員長から10月1日(水)に開催する家庭教育研修会について説明があり、プログラム、
役割分担、準備等について最終確認をしました。
三者合同研修会については、次回の役員会で最終確認することとなりました。

(2)PTA会長研修会反省
・事前の問題提起(アンケート)の数が少なかった。
・グループ討議の時間をもう少し増やす方が良い。
等の意見が出され、今後改善策を検討していくことになりました。

(3)第2回ブロック代表者会 11/20(木)についての打合せをしました。

(4)その他    
・第50回宮崎市PTA研究大会について、現時点における進捗状況を確認しました。
以上


平成26年度 PTA会長研修会

○目 的: 宮崎市76校の単位PTA会長が一堂に会し、各単位PTAにおける
諸問題とその解決・改善策について討議することにより、単位PTA
役員の課題への対応や対策方法など資質の向上を図る。

○日 時:平成26年9月6日(土)17:00~20:30

○会 場:MRTMiCCダイヤモンドホール

○参加者:各単位PTA会長(代理は副会長)      
宮崎市PTA協議会役員・事務局

平成26年度PTA会長研修会が、MRTMiCCダイヤモンドホールにおいて9月6日(土)に開催されました。児玉照彦会長のあいさつの後、単位PTA会長が9グループに分かれて討議に入りました。  
76校の単位PTAを小・中学校に分け、児童・生徒数に応じて学校規模別にグループ分けを行い、予め設定された共通議題と、選択・自由議題について、役員の司会により各グループ8名から9名の会長で討議を行いました。
単位PTAにおける様々な活動状況や問題点・課題が紹介され、各会長から活発に意見や感想が述べられ、的確な対応で課題解決が図られた事例等が紹介されました。
研修会のまとめとして、司会を受け持った役員から、各グループで出された意見や感想、具体的な討議内容について報告がなされました。  
この後、引き続き懇親会を開催し、情報交換を行いました。ご参加を頂いた単位PTA会長の皆様、本当にお疲れ様でした



児玉会長からあいさつを
兼ねて研修会の趣旨や
目的についての説明



グループ別の討議の様子



グループ別の討議の様子



グループの討議内容について
役員からの報告



グループの討議内容について
役員からの報告



平成26年度 第4回役員会

9月4日(木)、第4回役員会を開催しました。

(1)各専門委員会活動内容報告  
会員交流委員会・家庭教育委員会・研修委員会の各委員長から、スポーツ大会事業報告と家庭教育研修会、
三者合同研修会の開催要項について説明がありました。

(2)スポーツ大会の反省
・場内音響が悪く声(連絡事項)が通らなかった。
・チーム編成のあり方の問題。
・表彰のあり方。
等の意見が出され、今後改善策を検討していくことになりました。

(3)日P九P長崎大会の反省…日P大会参加報告書で反省することとしました。

(4)PTA会長研修会について   
式順、グループ討議題、役員の役割、懇親会等、内容の打合せをしました。 

(5)その他    
・宮崎市PTA協議会表彰規程の改正案検討   
・旅費規程の確認                                   
以上


平成26年度 第62回 日本PTA全国研究大会

第59回 九州ブロックPTA研究大会・長崎大会

○開催期間 平成26年8月22日(金)~23日(土)
・1日目 分科会(長崎県内10会場)
・2日目 全体会(長崎県立総合体育館メインアリーナ・サブアリーナ、長崎ブリックホール)
○大会スローガン 
異国情緒豊かな長崎で 集い、語らい、学びあい
~きてみんね さるいてみんね よかとこばい~

【1日目 平成26年8月22日(金)】分科会

分 科 会 領  域 研 究 課 題 等 宮崎市の
参加者数
【第1分科会】
諫早市中央体育館
組織・運営 「活発な組織作りについて学びあおう」
・実践発表…心をつなげよう子どもたちの未来のために
18
【第2分科会】
長崎市民会館体育館
家庭教育 「学び合おう 高めよう 子どもと向き合う親力」
・実践発表…PとTがつながり学び合う「ながさきファミリープログラム」の実践
 
【第3分科会】
アルカス
SASEBO
学校教育 「学校と地域でつくる学びのコミュニティ」
・基調講演「夢を大切にする生き方」「仲間を大切にする生き方」そして、もっと夢を与えたい、ありがとうの大切さを! 
・実践発表…学校と地域でつくる学びの地域コミュニティー 
・パネルディスカッション
 
【第4分科会】
長崎ブリックホール大ホール
広報活動 「見たい 知りたい 参加したい つなぐ広報考えたい」
・基調講演「感動を伝えたい“夢持ち続け日々精進”」
・実践発表…楽しくつながり 新たに気づく 自分発見!
・パネルディスカッション
73
【第5分科会】
島原復興アリーナ
地域連携 「災害を乗り越えて」~地域と共に未来につなぐPTA活動」
・基調講演「今、学校と地域のために私たちができること」
・実践発表…地域と連携した大野木場小学校
・パネルディスカッション
 
【第6分科会】
長崎市平和会館
人権・
平和教育
「わたしが変われば あなたも変わる あなたが大事 わたしも大事 命を支える育ちあい」
・基調講演「いじめから守る子どものいのち」
・実践発表…いじめの未然防止 ・被爆体験談
・パネルディスカッション
11
【第7分科会】
長崎ブリックホール国際会議場
国際理解 「見つけよう! 私らしさを 世界から育てよう! つながる力を わが家から」
・基調講演「長崎の地域文化にみる国際交流の知恵」
・パネルディスカッション
15
【第8分科会】
シーハットおおむら
健康安全 「タフな子どもを育てよう!」~心豊かでたくましい子どもを育てるために~
・基調講演「タフな子どもを育てよう!」
・パネルディスカッション
27
【特1分科会】 
ホテルオークラ
日本PTA 担当 「子どもたちの育ちを阻害するもの」
・基調講演「虐待の事例報告」
・基調講演「子どもを守るために」
 
【特2分科会】
諫早文化会館
文部科学省 協力 「絆の力が生み出す 日本の明るい未来」
・基調講演「絆の力が生み出す 日本の明るい未来」
・パネルディスカッション
 15
宮崎市の分科会参加者 計     159
宮崎市の全体会 参加者 計     164

※市P協議会で斡旋しました「矢太楼」にて19時から懇親会をしました。97名が参加されました。  ゲーム等を通して親睦を深めました。


【2日目 平成26年8月23日(土)】全体会(長崎県立総合体育館・長崎ブリックホール)


1 アトラクション 
○龍踊り 長崎女子高等学校 龍踊部
2 開会式   
(1)主催者挨拶 日本PTA全国協議会副会長・大会実行委員長
(2)来賓祝辞  文部科学省大臣政務官・長崎県知事
(3)歓迎のことば 長崎市長
(4)感謝状贈呈
(5)大会旗引継 次期開催地PR(第63回 札幌大会実行委員長)
3 記念講演 《子は育ち、親も育つ。楽しまなくっちゃもったいない。》
講師 高野 優 氏(育児漫画家)        
フィナーレ ニッピーはヒトツ 大合唱 弓削田健介 氏
4 大会宣言 長崎大会実行副委員長
5 閉会式  
6 九州ブロックPTA研究大会   
(1)開会のことば
(2)表彰式
(3)次期開催地PR(福岡市)
(4)閉会のことば

【全体会内容】
2日目の全体会は、長崎女子高等学校 龍踊部による「龍踊り(じゃおどり)」 で幕を開けた。龍踊りは長崎県の郷土芸能の代表的存在であり、 女性だけで行う龍踊りは国内では唯一ということだった。その見  事なさばき(踊り)は目を見張るものがあった。
開会式では、大会会長、実行委員長の挨拶、来賓祝辞、歓迎の ことばに続き大会旗が来年度の開催地北海道へと引き継がれた。
つづいて、育児漫画家として活躍されている高野 優 氏の記 念講演では、我が子3人の子育ての体験をその時々の苦悩や喜びの  表情を漫画に描きながら、子どもの成長に親としてどう関わって いったかをお話しされた。
2日間にわたる日P・九P研究大会長崎大会は、天候にも恵ま れ成功裏に無事終了した。内容面では分科会、全体会ともにすば らしいものであった。ただし、全体会は3会場に分かれての開催となり、九州ブロック会場 (長崎ブリックホール)は、全てスクリーンによる映像で行われた。したがって、アトラク ションはじめ、開会式、記念講演等迫力に欠け、感動の伝わりが弱かった。少なくとも全体 会後の九州ブロックPTA研究大会は、映像ではなく実際にブリックホールで行われるべき だと思った。   
この大会に参加されたPTA関係の皆さまには本当にありがとうございました。そして、 お疲れ様でした。成果は、各単位PTA活動に、また、再来年の九州ブロックPTA研究 大会宮崎大会に是非生かしていきましょう。




ユルキャラも案内に一役



分科会会場受付付近



全体会九州ブロック会場



平成26年度

宮崎市PTA協議会スポーツ大会

○ 目的 宮崎市PTA協議会会員相互の交流と親睦を深めるとともに     
体力の向上と心身の健康増進を図る。

○ 主催 宮崎市PTA協議会  

○ 主管 会員交流委員会

○ 共催 宮崎市教育委員会

○ 日時 平成26年8月2日(土)12:00~

○ 会場 宮崎市総合体育館

平成26年度宮崎市PTAスポーツ大会は心配されていた台風の影響もなく、8月2日(土)市総合体育館において43チームが参加し、予定どおり開催されました。開会式の後、12時30分から競技開始。熱戦が展開されました。各コート好プレー、珍プレーが続出し、館内は熱い応援と大歓声に包まれていました。皆さん楽しく交流と親睦、そして絆を深められたのではないでしょうか。一人のけが人も出ることなく無事に終了できました。熱戦の結果は次のとおりです。おめでとうございました。

〈Aブロック〉
優 勝  檍北小学校
準優勝  住吉中学校
第3位  生目台中学校・清武ブロックA

〈Bブロック〉
優 勝  高岡B
準優勝  宮崎中.港小.宮崎小執行部
第3位  ほんごるご(本郷中)・東大宮中3年2組  

会員の皆様方には、お忙しい中での本大会への参加、ありがとうございました。また、会員交流委員会の皆さま方をはじめ生涯学習課の皆様には、事前の準備や会場設営、競技の運営等で大会を支えて頂きました。厚く御礼申し上げます。



児玉会長のあいさつ



力強く選手宣誓



各チーム 熱戦を展開



表彰:会長より各賞の授与



平成26年度 第3回役員会

○ 7月17日(木)、第3回役員会を開催しました。   
はじめに各専門委員会活動内容について、各専門委員長から報告があった後、第1回ブロック代表者会の反省をしました。全員出席で盛り上がりのある会であったと概ね好評でした。次に9月6日開催予定のPTA会長研修会について再確認をしました。   
最後に日P・九P長崎大会の行程や分科会、宿泊所等について共通理解を図りました。


平成26年度 第1回ブロック代表者会

日 時  平成26年6月26日(木) 19:30~21:00

会 場  市民プラザ 4F中会議室

参加者  ブロック代表者 生涯学習課 市PTA協議会役員 
事務局員 計37名(欠席者なし)  

1 会長あいさつ  

2 各ブロック代表者自己紹介とブロック活動状況・今後の計画報告
合同地区懇談会、各種スポーツ大会、地区行事への参加、各種研修会等保護者、教職員、児童生徒を含めた様々な事業や活動内容が報告されました

3 協議事項 「各ブロック及び単位PTAの課題・問題点」   
(1)夏休み中のプール解放について     
・プール事故時の対応について…保証問題・責任者     
・プール解放中止か存続か   
(2)いじめ問題について     
・相談窓口といじめ対応策








4 事務連絡   
・会員交流委員会より8月2日(土)のミニバレーボール大会について   
・日本PTA研究大会・九州ブロック研究大会長崎大会について…申込状況と今後の対応   
・ブロック活動報告について…報告内容と報告様式


平成26年度 第2回役員会

○ 6月19日(木)、平成26年度 第2回役員会を開催しました。   
事務担当者会並びに第1回会長会の反省の後、第1回ブロック代表者会の内容確認をしました。また、各専門委員会の内容・日程の確認をしました。  
(各専門委員会の日程については、このホームページの『今後の活動』参照)   

更に、PTA会長研修会の会場・日程等の確認後、各単Pから出されたアンケートをもとに、当日のグループ討議内容を協議し、決定しました。

最後に日P・九P長崎大会の参加申込状況を確認し、閉会しました。


平成26年度 第1回PTA会長会

○ 日 時:平成26年5月29日(木) 19:30~21:00

○ 会 場:市民プラザ 4F大会議室

○ 参加者:各小中学校PTA会長、市生涯学習課長・担当    
市PTA協議会役員・事務局
※出席者88名

○ 内 容
1 挨 拶 宮崎市PTA協議会会長 児玉 照彦
2 講 話 宮崎市教育委員会教育長 二見 俊一 様       
テーマ「育人百年業 教化萬代功」
3 日P・九P研究大会長崎大会について  
・参加申し込み方法
4 専門委員会の活動内容について  
・会員交流委員会 スポーツ大会  8月2日(土)宮崎市総合体育館
・家庭教育委員会 家庭教育研修会10月1日(水)市民プラザ ギャラリー
・研修委員会    三者合同研修会 10月16日(木)   〃
市PTA研究大会 2月 7日(土)オルブライトホール
5 PTA会長研修会について  
・9月6日(土)17:00~18:30 MRT MiCC ダイヤモンドホールにて 

第1回PTA会長会の概要

宮崎市教育長 二見 俊一様から、「育人百年業 教化萬代功」というテーマでご講話頂きました。はじめに、PTAの果たす役割の大切さと会長としての心構え等に触れ、PTA会長を励まして頂きました。次に、時代の流れの中における国や県内外の教育の実情を紹介しながら、宮崎市の教育の現状と課題について語って頂きました。その中で、教育というものは、時代の波・流行に惑わされずじっくり時間をかけ、長い目で見ることが大切であると説かれました。
つづいて、日本PTA研究大会・九州PTA研究大会長崎大会参加申込について、専門委員会の活動内容及びPTA会長研修会について各担当役員が説明を行いました。また、人権尊重の研修会について生涯学習課担当が説明しました。
公私ともに大変お忙しい中、ご講話頂きました宮崎市教育長の二見様に、心から厚く感謝申し上げます。
また、出席頂きました各PTA会長の皆様、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。



二見教育長の講話



平成26年度 事務担当者会

○ 日 時:平成26年5月22日(木) 19:30~20:30

○ 会 場:市民プラザ 4階大会議室

○ 参加者:各小中学校PTA事務担当・教頭、生涯学習課担当    
宮崎市PTA協議会役員・事務局
※出席者79名

○ 内 容
1 挨 拶 宮崎市PTA協議会会長 児玉照彦
2 紹 介 宮崎市PTA協議会役員・事務局、生涯学習課担当
3 説 明 平成26年度宮崎市PTA協議会年間事業計画  
(1)年間事業計画
(2)宮崎市委託事業・市P事業説明
4 専門委員会委員の選出について
5 会費納入について
6 その他 子ども110番「おたすけハウス」ステッカーの配布について  
・新規加入と補充(破損または見づらい場合に限る)  
・事務局に取りに来て下さい。尚、送付希望の場合は、送料負担でお願い
します。  
・1校100枚以内でお願いします。(単年度内)

○ 事務説明会の概要
宮崎市各小中学校のPTA事務担当者、教頭先生63名のご出席を頂きました。定期総会で承認された宮崎市PTA協議会の主な事業の説明と事務取扱、並びに、各単位PTA、各ブロックで実施をお願いしている宮崎市委託事業・市P事業の説明と事務取扱等について、各役員及び生涯学習課担当が説明しました。
本年度実施予定の事業事務の遂行について、ご理解ご支援をお願いしました。 説明会へのご出席お疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。











平成26年度 第1回役員会

○ 5月15日(木)、平成26年度の第1回役員会を開催しました。   
定期総会の反省の後、事務担当者会、PTA会長会の内容確認と役割分担等について協議しました。
また、各専門委員会、対外的会議分担を決めました。

○ 平成27年度の宮崎市PTA協議会定期総会を5月23日(土)にMRT MiCCダイヤモンドホールで開催する予定です。


平成26年度

宮崎市PTA協議会・定期総会

○ 日 時:平成26年5月11日(日) 15:00~16:30

○ 会 場:MRT MiCC ダイヤモンドホール

○ 参加者:各小中学校PTA会長・校長、生涯学習課担当  
宮崎市PTA協議会新旧役員・事務局
※参加総数 約160名

○ 来 賓:宮崎市長、教育長、教育局長、各課長

○ 内 容  
1 開会のことば  
2 会長挨拶  宮崎市PTA協議会会長 長岡政己  
3 来賓祝辞 宮崎市長   戸敷 正 様    
4 議長団選出  長友和徳 清武中PTA会長          
高野明広 生目中校長 

5 議 事   
①平成25年度事業報告並びに決算報告
②平成26年度役員選出
・役員候補者選考委員会の報告
・新役員の承認と挨拶
・旧役員の挨拶、感謝状贈呈
③平成26年度活動方針、事業計画並びに予算
6 閉会のことば

○総会の概要  
宮崎市PTA協議会加盟の76校のPTA会長、校長先生方、宮崎市長戸敷様をはじめ多数の来賓をお迎えして、平成26年度定期総会がMRT MiCC ダイヤモンドホールで開催されました。

はじめに、長岡宮崎市PTA協議会会長が、来賓及び総会開催にご尽力頂いた生涯学習課への感謝を述べた後、出席者に対して、思いを述べました。
来賓の宮崎市長 戸敷様からは、PTA活動は、未来に向けての人材育成へと繋がっていく素晴らしい活動である旨 ・・・等。

議事の中では、平成25年度事業報告並びに決算報告、平成26年度事業計画並びに予算等について審議し、提案どおり承認されました。また、平成26年度役員選考委員会の報告があり、児玉照彦新会長をはじめ各役員が決定しました。

児玉宮崎市PTA協議会会長から、今後のPTA活動へのご支援とご協力、そして本年度の活動に向けた抱負が述べられました。また、長年にわたりPTA活動に献身的に尽力された長岡会長をはじめ4名の方々に対して、感謝状が贈呈されました。
この後、同会場にて参加者の皆様が一堂に会して懇親会が開催されました。

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。



平成25年度市P協会長
長岡政己氏


戸敷 正
宮崎市長の挨拶


平成26年度
市P協新役員の紹介


役員退任の方々へ
感謝状の贈呈


児玉照彦
市P協新会長の挨拶

平成29年度の活動

平成28年度の活動

平成27年度の活動

平成26年度の活動

平成25年度の活動

スマホQRコード

 
宮崎市橘通西1丁目1番2号 宮崎市民プラザ内3F