迅速 ・丁寧 ・ 安心をモットーに
は じ め に  


















-------------------------------------------------------
今立っているこの地点を特定したい、というとき。 
-------------------------------------------------------


地図上では、イギリスのグリニッジ天文台を基準とする東経・西経や赤道を基準とする北緯・南緯で縦方向・

横方向の数値が決まり、標高で高さ方向を加えてその地点が地球上でどの「位置」にあるかが分かります。





-------------------------------------------------------
測量はこの「位置」を確定し記録するための作業です。 
-------------------------------------------------------


明治時代から使われてきた日本独自の測量の原点は東京都港区旧東京天文台にあります。(北緯35°39′

17.5148″東経139°44′40.5020″) また、高さの水準原点は千代田区永田町1丁目1番地にあり、この原点

を使用
た数値を日本測地系と呼んでいます。(東京湾平均海面上24.4140m) 原点を元に日本各地に基準点や

水準点が設置されており、その座標値
を元に測量を行います。近年では、世界共通の座標を用いるために、

地球の重心を原点とする世界
測地系の座標を使用しています。




-------------------------------------------------------
測量の種類は、測量方法や測量する場所によって区別されます。 
-------------------------------------------------------


例えば、「基準点測量、水準測量、路線測量、用地測量」という項目があれば、この中の「路線」や「用地」は

測量する場所や目的です。
また、既にある基準点を元に新たな基準点を設置する基準点測量や高低などを

測る水準測量などがあり、路線を測量をする上での基準点測量であったり、
道路の測量の中での水準測量

であったりします。





-------------------------------------------------------
基準点測量と水準測量の作業風景です。 
-------------------------------------------------------



Copyright(c) 2005〜2007 sokuryoh_plus_ All Rights Reserved.