霧島は、竜馬を変えた! 日本を変えた!!
 
ここをクリック

天孫降臨神話

韓国岳山頂より霧島連峰を望む

韓国岳山頂より霧島連峰を望む

アマテラスから日向三代へ
アマテラスから日向三代へ
天孫降臨神話
記紀神話の中で、アマテラス(天照大神)は、はじめその子であるアメノオシホミミに降臨(=国つ神の統治)を命じるのですが、その準備をしているとき、ニニギノミコトが生まれます。アメノオシホミミは、早速その子であるニニギノミコトを降臨させたいと申し出ると、それが認められ、ニニギノミコトが降臨することになりました。
ニニギノミコトは、アマテラスの孫にあたるため、このことを”天孫降臨”といいます。
天孫降臨の地
記紀や風土記に書かれている天孫降臨の地は、”高千穂”と言われますが、正しくは以下の通りです。
   古事記:日向高千穂久士布流多気(くじふるたけ)
   日本書紀本文:日向襲高千穂峯
   日向風土記逸文(注):日向高千穂二上峯
  (注)釈日本記の中に引用という形で残っている部分です。
日向三代
コノハナサクヤヒメ伝説
 ニニギが天降り、しばらくして、ニニギは海辺でオオヤマツミノカミの娘コノハナサクヤヒメに出会います。一目ぼれをしたニニギは、オオヤマツミにコノハナサクヤヒメを娶りたいと申し出ます。オオヤマツミはたいそう喜び、姉のイワナガヒメとコノハナサクヤヒメをニニギのもとへ送りだします。ところが、ニニギは醜い姉は帰し、コノハナサクヤヒメのみを妻とします。ニニギが、石の神であるイワナガヒメも娶れば天孫の命は石のように永らえたのに、花の神であるコノハナサクヤヒメだけを娶ってしまったため、天孫の命は花のようにはかなく限りあるものとなってしまった、というお話です。
海幸彦山幸彦伝説
 ニニギの子のうち、兄の海幸彦は海で魚をとって暮らし、弟の山幸彦は山で獣を狩って暮らしていました。あるとき、山幸彦の提案により、二人は道具を交換してみますが、成果は上がらず、山幸彦は兄の釣り針を失くしてしまいます。困り果てた山幸彦は、シオツチノカミからもらった船で海神の宮へ行き、オオワタツミノカミとその娘トヨタマヒメに出会います。山幸彦はオオワタツミの助力で釣り針を取り戻し、その後兄海幸彦と対決して勝利します。そして、トヨタマヒメ(実はワニ)を妻とします。
ウガヤフキアエズ~神武天皇
 トヨタマヒメは、天孫の子を海中で産むわけにもいかず、地上にやってきて、渚に産屋をつくらせます。ところが、鵜の羽でふいた産屋が完成する前に産気づいてしまいます。そして、山幸彦に正体(ワニ)を見られたトヨタマヒメは海に帰ってしまいます。以来、海中と地上とは自由に行き来できまくなってしまいました。このとき生まれた子がウガヤフキアエズノミコトで、育ての親である、トヨタマヒメの妹タマヨリヒメと結婚し、その子がカムヤマトイワレヒコで初代神武天皇となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニニギ、山幸彦、ウガヤフキアエズを日向三代と呼びます。
   Copyright©2010 n.satoh