仏像が欲しい 本文へジャンプ
水晶瓢箪
風水5点セット!
梁は気の流れを歪ませます。
瓢箪は、尖角の放射を和らげます。
風水置物
黄龍(20mm珠)
四神の長とも呼ばれる黄龍が、パワーストーン・シトリンに手彫りで登場!
風水四神獣
水晶玉(20mm玉)
東(青龍)西(白虎)南(朱雀)北(玄武)に神獣を配置すると、理想的な気の流れが取り込めます。
仏像の素材
仏像
今人気のガネーシャです。
白檀(びゃくだん)
 原産地はインドで、仏典にも牛頭山に生える牛頭栴檀(ゴーシールシャ、チャンダナ)として有名であったそうです。紀元前5世紀頃にはすでに高貴な香木として使われていたようです。熱を加えなくても十分に芳香を放つため、仏像、仏具には、よく利用されます。線香の原料としても一般的です。
 ”栴檀(白檀)は双葉より芳し”とは、白檀は発芽の頃から香気を放つため、大成する人は幼少のときから優れている、というたとえです。 
柘植(つげ)
 昔から櫛などによく使われている素材です。木質は、木材の中では非常に硬く、細かい細工も可能です。日焼けに強いと言われます。
檜(ひのき
 日本では建材として最高品質のものとされます。寺院、神社の建築には古くから利用されています。正しく使われた檜の建築では、1000年を超える寿命をもつものもあるそうです。香りがよいと言われます。
   Copyright©2010 n.satoh