ライン

共済金をお支払いする場合とお支払いの方法

@ 火災消防・避難による損害(放水による損害や延焼防止の破壊損害を含む。)

A 落雷落雷による衝撃により建物や家財、什器・備品等に損害が生じたとき

B 破裂または爆発ボイラーやガス爆発などにより損害が生じたとき

C 風災・雪災台風や雪災により建物、家財などに20万円以上の損害が生じたとき
         損害額×(共済金額÷共済価額)−20万円=支払共済金。     

D 物体の落下・衝突車両や物体の飛び込みなどで損害が生じたとき

E 騒じょう・労働争議デモやストライキ等で建物や家財に損害が生じたとき

F 水ぬれ給排水設備の事故または他の戸室の事故により水ぬれの損害が生じたとき

G 盗難家財や設備・什器等が盗まれたり、盗難の際に建物などが壊されたり汚されたりしたとき。

H 水災台風や洪水、豪雨などにより、建物・家財にそれぞれ30%以上の損害が生じたとき。
       もしくは、床上または地盤面より45cmを超える浸水により建物、家財、什器等に損害が生じたとき。

        ただし、損害の程度により支払い方法、支払限度額等が異なりますので詳細はお尋ね下さい。

ご契約の際は、次の点にご注意下さい。

@ 建物、家財、設備、什器・商品などの共済金額は、共済価額いっぱいにお決め下さい。
 
共済金額のお支払いは、共済価額と共済金額との割合をもとに算出されますので、共済金額が共済価額未満の場合に
 は、事故が発生しても損害の全額をお支払いすることができない場合があります。

A 家財を共済の目的とする場合には「家財一式」としてご契約下さい。家財の一部のみのご契約または家財の一部を除外
 してご契約することはできません。

B 1個または1組の価額が30万円をこえる貴金属、美術品等は申込書に明記していないときは、お支払いの対象になり
 ませんのでご注意下さい。

C ご契約に関する重要な事項や詳しい内容等については、重要事項説明書や約款にそれぞれ記載されていますので、資
 料をご請求・ご確認のうえご契約下さい。

K 失火見舞費用
   @またはBの事故で他人の所有物に損害を与えたとき、20万円×被災世帯数を支払います。

J 残存物取片づけ費用
   @〜BおよびD〜Fの事故の場合、共済金の10%の範囲内で残存物の片付けに要した実費を支払います。


   @〜Bの事故のとき、仮修理の費用や仮設費用等の実費を支払います。但し、非住宅物件に限ります。


   @〜Bの事故で、損害の防止や軽減のために支出した必要または有益な費用を支払います。


   地震や噴火等により火災が発生し、建物等に損害が生じたとき、損害の程度に応じて見舞金を支払います。

I 臨時費用
   @〜BおよびD〜Fの事故の場合、共済金のほかにその30%を臨時の費用として支払います。

I〜N の費用共済金は、それぞれ、お支払方法やお支払限度額が異なりますので、詳細はお尋ね下さい。


安心を明日につなぐ

@ 門、塀、垣その他の工作物 A 建物に付属する物置、納屋、車庫その他の付属建物 B 看板、温水器、アンテナ、日除その他の屋外設備・什器


宮崎県火災共済協同組合 〒880-0013 宮崎市松橋2丁目4番31号 宮崎県中小企業会館4F

総合火災共済

上記の計算の結果、支払共済金が5万円または共済金額の1%に満たないときは、5万円を支払限度額として共済金額の1%の額をお支払いします。ただし、次のものは支払いの対象外となります。