二ツ立調整池 宮崎県宮崎市佐土原町:一ツ瀬川右岸河口付近)
冬の水鳥が集まるポイント・・・一ツ瀬川河口に繋がる調整池

二ツ立調整池情報(宮崎県宮崎市佐土原:一ツ瀬川右岸河口付近)   
                   YAHOO−MAPはこちらから   |  佐土原の天気


 一ツ瀬川右岸河口付近のこの地は,多くの水鳥の集まる場所です。人が生活するすぐ近くにある,自然豊かなこの場所が,野鳥の居心地のよい場所であるよう,みんなで守っていきましょう。
 周囲には民家やウナギやクルマエビ関連の業者があります。地元の方々に迷惑がかからないように観察しましょう。
 特に駐車場所には気をつけ,通行の妨げになら無いようにしましょう。浜上橋には多くの観察者が訪れることがあります。車を停めるときには複数駐車できるように他人への心配りもお忘れなく。
 また,鳥たちに配慮し,池の東側(E2)から観察することはやめましょう。

 
各地点の様子 北水門
N2
N1
W1
E2
W2
E1

クロツラヘラサギとツクシガモ
W2地点
S2
S1
南水路
浜上橋

北水門
 水門上からは,全体の様子が観察できる。目の前に障害物もないため撮影にも便利な場所。足元に鳥がいることもあるため,そっと近づきたい。

Photo セイタカシギ
N1
 道路からやや離れていることと,葦が目隠しになっていることから,水鳥が集まりやすい。日中クロツラヘラサギがこの場所で休んでいることも多いので,冬場の観察では要チェックポイント。西風が強いときには特に多くの鳥が集まってくる。 水位が下がっているときには小型のシギ類も観察できる
Photo:アカアシシギ
N2
 北側,西側の道路から近いため至近距離からの撮影が可能。水深が結構深い場所である。
 西側道路は幅が狭いため,駐車するときには通行の邪魔にならないように注意しよう。
 ガードレール下の水際にはカワセミなどを見かけることがある。
Photo:ハジロカイツブリ
W1 W2
 鳥たちを近くから観察できるポイント。
特にW2の葦の周辺は多くの鳥たちが集まる場所。
鳥たちを驚かせないように用心して観察しよう。
 また,地元の方の迷惑にならないように駐車の場所には配慮したい。
Photo:ダイサギ
E1 E2
 道路から離れているため,日中も鳥たちが多く集まる。岸の上で休む鳥も多い。近づかず,西側から観察したい。サギ類も多く目にする。冬場はキンクロハジロ,スズガモ,ホシハジロが集まる。
東側からの観察は絶対にしないように!
Photo:マガモ,オナガガモ,カルガモ
S2 
 この地点からは,西側が一望できる。特に朝方は人の往来が少ないので,多くの鳥が集まっている。
水深が浅いため,干潮時には餌をとるのにも好都合な場所。バンも棲みついているが,人の気配で葦の中に逃げ込んでしまうので注意。冬場はコガモ,ハシビロガモが集まる。セイタカシギも餌場にする。
Photo:朝の様子(1月17日午前7時)
S1
 道路から死角になることと,近づく人も少ないため日中も多くの鳥たちが集まる。
 南側の林の陰からそっと観察したい。冬場はヒドリガモ,ツクシガモが集まる。葦の中にはツリスガラ,
オオジュリンの姿が見られることがある。
Photo:アオサギ他
浜上橋
 浜上橋前の木にはいろいろな鳥がとまるので,目立たないようにして,辛抱強く待つと観察の可能性が高まる。葦の中を注意深く観察することもポイント。2005年12月にはアカガシラサギを確認した。
目の前でミサゴのダイビングが見られることも!!カワセミも足元に現れる。
Photo:ミサゴ
南水路
 水深が浅く,小魚が多く生息しているため,朝夕は多くの水鳥が餌を求めてやってくる。すぐ横が道路になっているので,観察には注意が必要。水路両側の田畑も要チェック。
Photo:朝の南側水路(ダイサギ,コサギ,カワウ,アオサギ,クロツラヘラサギ)

menu