太平洋戦争の末期、沖縄等南西諸島から強制疎開によって多くの人々が、宮崎市のこの地に移住してきた。
 宮崎県はその人達の職業の場として、県営授産場を設置する。その中に居た琉球漆器の技術者を中心にして漆器作業を始める。

 昭和32年4月社会福祉法人宮崎県大島更生指導協会が設立され社会福祉事業法による授産場を設置、地域の生活困難者に対しても稼働の場所を与え、その後生活保護法による授産場に変更するなど幾多の変遷を経て昭和48年4月法人名を宮崎県大島振興協会と改称すると共に身体障害者にも稼働の場を開き身体障害者授産所を設け、昭和56年4月に身体障害者通所授産所をも開設して、いづれも漆器製作を授産科目とする一貫作業「宮崎漆器工房」として今日に至る。

 平成24年3月から身体障害者の授産施設は、新体系移行に伴い障害者支援施設として、施設入所支援、生活介護、就労継続支援B型、障害者福祉サービス事業、就労継続支援B型とする。

 掲示板 4
掲示板 2
掲示板 3
ホーム
施設の案内
作業内容
掲示板 1
newpage1.htmlへのリンク